不動産売却の豆知識

不動産売却にかかる税金に関して



不動産の取引は、金額が大きくて、仕事で不動産取引に携わるなどの一部の人を除いて、多くの人にとって経験する機会が限られています。
売却にあたっては、仲介手数料や税金などの諸費用が掛かりますが、もともとの金額が大きいだけに費用が数十万円から時には百万円を超えることも少なくありません。
売却したお金がいくら手元に残るのかを知るには、譲渡にかかる費用や税金の金額、支払うタイミングについての知識を持っておくと安心です。

不動産売却に関する情報リンク

無料査定の不動産売却サイト

千葉 不動産 売却

不動産売却時にかかる税金について

不動産売却時にかかる税金について 不動産を売却したら、翌年3月15日までに確定申告をして税金の清算をすることが必要です。
不動産取引に必要な費用のうち、金額も大きな重要項目には、登記費用、仲介手数料、税金があります。
登記費用は原則として取得した側が支払うので、売った人が支払う必要はありませんが、売った時点でローンが残っていて、譲渡と同時に担保を抜く場合は、抵当権抹消費用は売り主の負担になります。
抵当権抹消などの登記費用、仲介手数料は、売買代金の受け取りと同時に決済することができますが、税金の納税は取引の翌年です。
売って手にしたお金を使ってしまって、あとで納税資金が不足して困らないように、納税の金額、スケジュールは売却の前に確認しておくと安心です。

不動産売却で税金を払う必要がない場合

不動産売却で税金を払う必要がない場合 不動産を売却すると消費税や所得税の他に、不動産業者に対する仲介手数料が発生します。
さらに、通常は税金も必要です。
しかし購入した時の金額より、仮に不動産業者が安く売ってしまった場合には、売り主に損金が出ますので、この時、税金は不必要になります。
さらに、譲渡所得が3000万円に満たない場合にも、税金は不必要です。この譲渡所得とは、売却した価格から購入価格や売却時の様々な費用を差し引いたものを指します。
注意点として、税金が不必要になる条件を全て満たしている場合であっても、確定申告をしておかないと、免除の対象にはなりません。さらに正しく申告を行うことで、課税対象や控除内容も変化してきます。
しかし税務署は不動産売買が行われたという事実を把握していますので、確定申告をうっかり忘れた場合でも、税務署から申告を求める連絡が来ます。
また確定申告を行うと、損金の金額だけ所得から控除されることもあります。これは譲渡損失の繰越控除制度と呼ばれている制度です。
ただし住み替えを伴う場合には、控除額も変わってくるため注意が必要です。
住み替えとは、売った物件が自分が住んでいるマイホームであり、その後、別の場所に住んだ場合を指します。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>